概要

設立年月日     1978年(昭和53年)11月25日
組織名       箕面市人権啓発推進協議会
代表        河野 秀忠
委員人数      役員13名  常任幹事29名
委員の任期     2年
協議会の組織    会長1名、副会長若干名(現6名)、会計監事2名、会計1名、事務局長1名、相談役2名、
          加入13団体代表、啓発研究4部会代表、10地区協議会委員長
事業内容      人権啓発研修会、学習会、講演会、フィールドワーク、出版物等
協議会の根拠    箕面市人権啓発推進協議会規約
所在地       〒562-0014 大阪府箕面市萱野1-19-4
          箕面市立萱野中央人権文化センター(らいとぴあ21)内

設立趣旨

 1947年(昭和22年)5月3日に日本国憲法が実施されてから、もう31年以上の年月が過ぎました。憲法は、それ以来、民主的な社会をつくるための指標として、私達の進むべき道を示してくれています。特に憲法は第3章に国民の権利及び義務に関することがらを規定し、日本国憲法の三本柱のひとつである基本的人権の尊重を明確に定めています。国民はすべての基本的人権の享有を妨げられないこと、基本的人権は侵すことのできない永久の権利であること、国民は個人として尊重されること、国民は法の下に平等であって差別されないこと、などをはじめ、人間としての当然のあり方を規定しています。これは、私達の祖先が尊い犠牲を払い不断の努力を積み重ねることによって、少しずつ実現してきたものなのです。私達は日本国憲法に定められた自由と権利を尊重し、それを将来にも伝えるよう努め、公共の福祉のために利用する責任を負っているのです。 さて、それでは憲法に定められていることがらは、まちがいなく達成されているでしょうか。現実に私達の身のまわりには、いろいろな問題があります。その原因のひとつは、自分の権利を主張するばかりで他人の権利は顧みない、つまり人間として当然のあり方を自分に対しては求めても他人に対しては認めないということにあると思います。部落差別や障害者差別などの問題が、懸命の努力にもかかわらず今も残っているということや、生活騒音が隣近所に及ぼす影響を顧みないということなどはその表れでしょう。これは、私達の間に、本当の意味での人権思想が十分育っていないからではないでしょうか。そのために、地球よりも重いと言われた人命を自らが断ち切るという悲惨なできごとすら起きているということは、本当に悲しむべきことであり、同時に私達はそんなことが二度と起こらないようにしていかなければならないのです。なぜなら、私達が自分の人権を守るということは、他人の人権を認め、尊重することなしにはできないことなのですから。
 ひとりの人間として尊重され平和に暮らしたい、差別のない豊かな社会を築きたいと願う気持ちは人類共通であり、その願いを実現するためには基本的人権の尊重を実践していくことがなによりも必要となってきます。そのために、私達が手をとりあって基本的人権を擁護し、みんなで人権意識の啓発啓蒙活動を行い、明るい町づくりをめざすことを目的に、ここに箕面市人権啓発推進協議会を設立するものです。                                       

                                                      箕面市人権啓発推進協議会
                                                      1978年(昭和53年)11月25日

会長挨拶

 2016年5月28日に開催された、箕面市人権啓発推進協議会年次総会では、驚くような事柄が3点現出しました。ひとつは、役員の任期交代で、役員の顔ぶれががらりと変わったこと。ふたつ目は、3期6年、会長職を務めていただいた仲野会長が退任され、相談役に就任されたこと。それに従って、総会とは別に:退任記念の講演会:が開かれ、仲野前会長の暖かくも鋭い、人間を丸ごと包み込むお話があり、参加者に深い感銘が届けられました。さて、問題は3つ目の課題です。仲野前会長の退任に伴う、後任会長の選出です。ああでもない、こうでもないと会議は踊りましたが、ぐるぐると回った会議の尻尾は、多分に不幸にもボクの頭でピタリと止まってしまったのです。ボクは大いに困惑しました。ボクには、仲野前会長のような、ひとを包み込むような、ひととしての幅はありませんし、人間としてまだまだ未熟です。つまりひととしては新米なのです。多くの市民がご存知のように、被害が多いにもかかわらず、それぞれの人権課題は、空気のようにボクたちにまとわりついて離れません。新米会長のボクは、差別の人権協の仲間たちと、深呼吸しながら現在と未来に向き合うしかないのです。 箕面市人権宣言の一節にあるように、ただのひとりも、人権を傷つけられ、涙をこぼすひとが出ないように、肝に銘じて、深呼吸を続けますので、新米会長をよろしくお願いします。


                                                  箕面市人権啓発推進協議会会 長  河野 秀忠